Contrasting udon restaurants in neighborhood

In KAFU's neighborhood, there are a lot of good restaurants. Among them, we often go to our favorite udon-noodle restaurants in particular. Today we'd like to introduce two contrasting Udon-noodle restaurants.

KAFUの周辺には、たくさんの美味しいレストランがあります。

特にうどんレストランはスタッフのお気に入りで、ランチをしによく行きます。

今日は、その中でも対照的な2つのお店を紹介します!

1) Yashima Udon

It is a restaurant run by a "noodle maker". 

If you want to try udon at this restaurant, you have to visit them from 11:30 am to 1:30 pm, it's open only for two hours! We recommend you tempura udon. Master carefully flies shrimp tempuras one by one. When he puts the tempura in stock soup before your face, you'll listen to the spitting sound that makes your hunger reach a peak!

1)屋島うどん

「製麺所がやっているうどん屋さん」です。

ここのうどんを食べたければ、1日に2時間しかないランチタイム(11:30〜13:30)に行かなければなりません。お勧めは天ぷらうどん。ご主人は、注文が入ってからエビ天をひとつずつ丁寧に揚げます。そのエビ天が目の前でうどんのつゆに浸されるとき、「ジュッ」と美味しそうな音を立てます。

2) Niomon Uneno 

It is a noodle shop run by "stock soup maker".

Their interior design creates the high-end restaurant atmosphere. Our favorite is  kakiage (mixed tempura) udon. At first, you only taste noodle and soup. The stock cooked without any chemical seasoning is perfect. Next, you eat kakiage of sakura-shrimps with salt. Finally, put the kakiage in soup, you finish up the bowl. If you sprinkle blend of seven spices or Japanese pepper, the stock will be more savory.

2)仁王門うね乃

「出汁屋さんがやっているうどん屋さん」です。

店内は、高級な割烹料理店を思わせるセンスの良い内装。お勧めはかき揚げうどん。まずは、化学調味料をいっさい使わないおつゆと、特注の麺をいただきます。しっかりとした出汁の味、さすが専門店。その次に、桜えびのかき揚げを昆布塩でいただきます。そして最後に、かき揚げをうどんの中に入れて、つゆを浸していただきます。さらに、山椒や七味唐辛子を少し入れると、奥深い風味を味わえます。

As with other Japanese cuisine, udon noodle was introduced from overseas in the Edo era and has been developed as ordinary people's food.

うどんは、他の日本料理と同じく、外国から伝来して江戸時代に独自の進化を遂げた庶民的な料理です。

LEAVE A REPLY

eighteen − sixteen =